スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島槍ヶ岳東尾根

Category : アルパインクライミング
【日程】5/4-6
【場所】鹿島槍ヶ岳東尾根
【メンバー】3人
【形態】アルパインクライミング






【5/4】雨のち雪のち晴れ

05:30 大谷原

大谷原の駐車場を出発。雨が降っているが、天候は回復する予報なので出発する。

05:50 鹿島槍ヶ岳東尾根取り付き

赤岩尾根方面の林道を進み、最初のS字カーブを過ぎた箇所から鹿島槍ヶ岳東尾根へ上がる赤テープとトレースがある。雨も降っており、雪が少なく軽い藪漕ぎとなったためウェアが濡れ、今後の行程が少し心配になる。

鹿島槍ヶ岳東尾根に乗り上げ、暫く進むと雨は雪に変わる。さらに進むと雪も出てきてヤブは弱くなり、濡れの心配は無くなってきた。

09:35 一ノ沢ノ頭
11:00 二ノ沢ノ頭
12:30 第一岩峰基部

ke01.jpg
第一岩峰の手前で幕営。爺ヶ岳を眺める幕営地。




【5/5】雪のち晴れ

08:00 第一岩峰基部

第一岩峰へ向けて幕営地を出発。朝は吹雪いていたため、天候回復を待って8時発となった。

08:05-08:25 第一岩峰登攀開始

ke02.jpg
第一岩峰の出だしの凹角。凹角の後はルンゼ状となる。

2P目はロープをしまえる場所まで少し登るだけであったため、1P目のフォロー2人がつるべ式で2P目を同時にリード。

09:40 第一岩峰登攀終了

第二岩峰へ向けて急な雪面を登っていく。その後は第二岩峰直前に小岩峰のような露岩があったためトラバースして通過。

ke03.jpg
第二岩峰手前の小岩峰を振り返ると、綺麗なナイフリッジとなっており、トラバースする必要は無かったことが分かった。

10:50-11:00 第二岩峰登攀開始

ke04.jpg
第二岩峰1P目は岩稜を進む。

ke05.jpg
第二岩峰2P目はチムニーを登る。残置のスリングがぶら下がっている。

12:05-12:20 第二岩峰登攀終了

ke06.jpg
鹿島槍ヶ岳北峰へ。

13:20 鹿島槍ヶ岳北峰

ke07.jpg
鹿島槍ヶ岳北峰。

ke08.jpg
鹿島槍ヶ岳南峰へ。稜線は西風が風速25m程あり、雪煙が舞う。強風のため進むのに時間がかかった。

14:40 鹿島槍ヶ岳
15:15 布引山
15:55 冷池山荘

予定ではこの日に下山して翌日に白馬岳主稜の予定だったが、冷池山荘にテン場と夕食があるとのことなので、冷池山荘幕営に変更。




【5/6】晴れ

06:30 冷池山荘
06:45 冷乗越

ke09.jpg
冷乗越で剱岳とはお別れ。

雪の状態が安定してきており、西沢が下山しやすそうであったため、赤岩尾根から西沢へ。西沢は西俣出合まで雪渓が繋がっておりサクサクと下山することができた。西俣出合を砂防ダムの上を渡渉して大谷原への林道を進む。

09:20 大谷原

ke10.jpg
下山後は大町温泉で温泉に入り、大町のカイザーで鹿カツ定食を頂いて帰京した。
スポンサーサイト

瑞牆山十一面岩正面壁ベルジュエール

Category : フリークライミング
【日程】4/14
【場所】瑞牆山十一面岩正面壁ベルジュエール
【メンバー】3人
【形態】フリークライミング




【3/14】晴れのち嵐

06:50 植樹祭公園ゲート

植樹祭公園へは4/25 までゲートが閉まっている。

07:10 植樹祭公園

ベルジュエール取り付きへのアプローチ途中に、ガレ沢で子熊らしき影を見た。

07:50 ベルジュエール取り付き
08:20 1P目リードスタート
09:55 1P目フォロースタート

IMG_2532.jpg
ベルジュエール1P目。5.11b でベルジュエールの核心ピッチ。かなり苦戦しつつも少しずつムーブを解決して登っていく。
フォローは最初からフリーで登ることは諦めアッセンダーで登る。

P4140767.jpg
1P目フォロー

やはり、この時期の瑞牆山は寒く、気温は3℃程。1P目を登り終えた時には手の感覚も足の感覚も無くなってしまった。

10:50 2P目リードスタート

P4140771.jpg
2P目リード。ハング下を左にトラバースして直上する。このトラバースが難しそうであったが、フォローの私はロープの流れもありトラバースせずに最初からハング左に向けて直上したところあっさりと登れてしまった。

11:35 2P目フォロースタート

P4140775.jpg
2P目フォロー。ハングを抜けて傾斜が緩くなる箇所だが、マントルで乗っこす。
フォローなのにマントルする勇気が無かった私は、カチを探し出して正体で乗っこした。

P4140776.jpg
2P目(トポの3P目)の妙な形のフレーク

2P目はトポの2・3P目を継続し、さらにトポ4P目の灌木の生えたコーナーの最初の立木まで継続した。

12:05 3P目リードスタート

P4140781.jpg
3P目の灌木の生えたコーナー

12:30 3P目フォロースタート

P4140782.jpg
3P目のハンドクラック。簡単なクラックのはずだが、中間部がハンドとフィストの間のサイズでジャミングの効かせ方がよく分からず、私はここで苦戦してしまった。

13:15 4P目リードスタート

P4140787.jpg
4P目リード。ベルジュエールのハイライトであり、中間部から大フレークをレイバックで登る。露出感が凄い。
私はレイバックの体勢になった瞬間、これは手が持たないと感じ、途中でフォールして振られるより最初から諦めようということでアッセンダーで登る。クライミングを怠けすぎていて保持力が持たない。

4P目終了点から5m程歩いてチムニーで5P目開始の支点構築。

このあたりから天候が悪化してきており、風が非常に強い状態となっていた。

14:15 5P目リードスタート

P4140791.jpg
5P目リード。チムニーの登り。チムニー抜け口のチョックストーンの乗越で苦労していたが、ノーテンで抜けた。
ここも私はチムニー上部のムーブが分からず、時間も無いので結局アッセンダーで登る。

P4140792.jpg
5P目フォロー

P4140793.jpg
5P目フォロー

5P目終了点は大テラスの灌木だが、その手前のリングボルト1本で終了点を取ってしまった。

6P目は灌木を歩いてチムニーを登った。ちょっとロープの流れが悪くなる。トポではチムニー手前でピッチを切る。

15:50 7P目リードスタート

P4140795.jpg
7P目リード。逆イの字のクラック。ここも私は最後が抜けられず、アッセンダーを使ってしまった。

17:15 登攀終了(8P目終了)

8P目は巨岩のリッジを歩いて肩の広場まで。難しくないピッチだが突風で滑落しないように注意して進む。
天気がかなり悪化しており、最後1Pを残して肩の広場で終了とした。

下降は十一面岩正面壁と十一面奥壁のコルから歩いて下山。
最初、降り口から誤ったトレースに入ってしまい、少し時間をロスしてしまう。
正しいトレースを見つけルンゼを下降していくが、途中でフィックスロープが宙吊りとなっている7m程の懸垂下降が必要なポイントが出てくる。
が、私以外の2人は懸垂器を使わずに素手で懸垂していた。ありえない!

19:30 植樹祭公園ゲート

温泉に入って帰路へ。なんとか終電に間に合って良かった。

中山尾根・石尊稜

Category : アルパインクライミング
【日程】2/17-18
【場所】八ヶ岳 中山尾根・石尊稜
【メンバー】2人
【形態】アルパインクライミング






【2/17】雪

06:10 赤岳山荘
06:15 美濃戸山荘
06:50 堰堤広場
07:35-08:35 赤岳鉱泉

テント設営して中山尾根へ出発。まだこの時間はテントは少なく、山荘裏によく整地された場所があったのでそこを利用。

09:30-11:15 中山尾根下部岩壁

P2170599.jpg
中山尾根下部岩壁に到着。

P2170034.jpg
下部岩壁基部をトラバースしてから凹角へ。直上するルートもあるらしい。

P2170603.jpg
先行パーティ。手がかりの感覚が信頼できない感じで、このピッチが今回の山行の中で一番怖かった。

P2170605.jpg
1P目フォロー。

下部岩壁1P目終了点はフィックスされていたロープとバイルで支点を構築した。
2P目は谷状の地形を稜上まで上がる。

12:10-13:50 中山尾根上部岩壁

P2170608.jpg
稜上はタイトロープで上部岩壁まで。

P2170612.jpg
上部岩壁2P目。被り気味の凹角。

15:10-15:40 日ノ岳
15:50 地蔵の頭
16:00 行者小屋

地蔵尾根で降り、行者小屋に到着。

16:20 赤岳鉱泉

P2170621.jpg
赤岳鉱泉に戻り、小屋でぬくぬくビール。




【2/18】晴れ

07:40 赤岳鉱泉

4:00起床のつもりだったが、寝坊して6:30起床。石尊稜へ向けて赤岳鉱泉出発。

P2180626.jpg
石尊稜末端と日ノ岳稜末端

09:00-09:45 石尊稜下部岩壁

P2180629.jpg
石尊稜下部岩壁1P目。

P2180640.jpg
石尊稜下部岩壁の1Pの後は雪稜をコンテで進む。

10:45-12:25 石尊稜上部岩壁

P2180643.jpg
上部岩壁1P目。

P2180647.jpg
上部岩壁3P目。石尊峰へ直上するルート。

12:25-12:55 石尊峰

P2180650.jpg
石尊峰。

13:05 横岳(三叉峰)
13:10 横岳(無名峰)
13:20 横岳(奥ノ院)
13:35 大同心
14:20 大同心沢(大同心ルンゼ)分岐

P2180657.jpg
大同心稜へ向けて所々クライムダウン。

14:25-15:30 赤岳鉱泉
16:00 堰堤広場
16:20 美濃戸山荘

IMG_2340.jpg
ちょっと贅沢して J&N でステーキプレート。美味かった。

IMG_2344.jpg
夕日

仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳

Category : 雪山
【日程】1/6-8
【場所】南アルプス 仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳
【メンバー】2人
【形態】積雪期一般






【1/6】曇

08:50 戸台登山口

戸台の駐車場は8割程埋まっている状態だった。
戸台からは左右に見られる岩壁を眺めながらひたすら歩く。

10:40 角兵衛沢渡渉点
10:50 熊穴沢渡渉点
11:10 丹渓山荘

ここから高度を上げていくので暑くなるかと思い上半身は肌着一枚になったが流石に少し寒かった。

11:45 八丁坂ノ頭
12:50 大平山荘
13:05-13:40 北沢峠 こもれび山荘

20180106-01.jpg
Welcome の看板に誘われてこもれび山荘へ。

20180106-02.jpg
コーヒーと雑煮をいただく。

13:50 長衛小屋テン場

20180106-03.jpg
年末年始の入山者が整備してくれたテン場を利用。楽ちん。
水は沢が埋もれていなかったため煮沸して利用。




【1/7】快晴

06:40 長衛小屋テン場
06:45 仙丈ヶ岳二合目登山口
08:05 薮沢大滝ノ頭

20180107-01.jpg
小仙丈ヶ岳への登り。

08:55-09:20 小仙丈ヶ岳
10:10-10:35 仙丈ヶ岳

20180107-02.jpg
仙丈ヶ岳。

20180107-03.jpg
仙丈ヶ岳の手前にちょっとだけ雪稜チックな箇所がある。

20180107-04.jpg
小仙丈沢カールをバックに下山中。

11:15 小仙丈ヶ岳
11:35 薮沢大滝ノ頭
12:10 北沢峠 こもれび山荘

今日もこもれび山荘へ。小屋でぬくぬくビールを飲む。
テン場に戻ると OG の K さんにばったり遭遇。




【1/8】晴れ→雪→雨

今日は天気が下り坂だが、暫くは問題無いだろうということで甲斐駒ヶ岳ピストンすることに。

04:25 長衛小屋テン場
04:50 仙水小屋
05:20 仙水峠
06:30 駒津峰

20180108-01.jpg
日の出。谷が赤く染まる。

07:10 六方石

20180108-02.jpg
甲斐駒ヶ岳山頂へ。

07:40-08:15 甲斐駒ヶ岳

20180108-03.jpg
甲斐駒ヶ岳。

08:30 六方石
08:50 駒津峰
09:30 仙水峠
09:50 仙水小屋
10:05-10:55 長衛小屋テン場

20180108-04.jpg
北沢長衛小屋に戻ってきた。

20180108-05.jpg
戻ってきたときには我々のテントのみ。結局この日は甲斐駒ヶ岳ピストンで誰にも合わず。

11:10 北沢峠
11:20 大平山荘
11:45 八丁坂ノ頭
12:00 丹渓山荘
12:35 熊穴沢渡渉点
12:40 角兵衛沢渡渉点
14:30 戸台登山口

戸台登山口あたりまで戻ってきたあたりで雪から雨っぽくなってきた。

高遠温泉さくらの湯で温泉に入り帰路へ。
境川PAに寄ると OB M 君と遭遇した。

城ヶ崎海岸 あかねの浜

Category : フリークライミング
【日程】11/19
【場所】伊豆 城ヶ崎海岸 あかねの浜
【メンバー】3人
【形態】フリークライミング




IMG_4353.jpg
イソギク 5.7
上部凹角フィンガーが怖い

IMG_4374.jpg
増長天 5.8
クラック満喫

IMG_4467.jpg
ツワブキ 5.10a
上部フレアが難しい

キャンドル 5.7
プロテクションが取りづらいのでちょっと怖い

IMG_2058.jpg
温泉入って海鮮丼食べて帰京
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。