スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水無川水系 デトノオオナデ沢

Category : 沢登り
【日程】10/30
【場所】上越、水無川水系 デトノオオナデ沢
【メンバー】3人
【形態】沢登り





【30日】晴れ
駐車地点(06:30)─(06:45)十二平登山口─(08:15)デトノアイソメ(08:20)─(08:55)120m滝1・2段目(09:10)─(09:20)120m滝3段目(10:50)─(11:40)赤茶けたスラブ(12:50)─(12:55)荒山(13:25)─(16:05)デトノオオナデ沢出合─(16:20)デトノアイソメ─(17:30)十二平登山口─(17:45)駐車地点

沢納め山行したいけれど寒いのは嫌だということで、登攀系の沢としてデトノオオナデ沢に行くことにした。
大学時代の登山サークル3人でのOB山行となった。

前夜発で東京を出発し、越後三山森林公園の駐車場で幕営。宴会。

翌朝、越後三山森林公園からさらに林道を車で進み、オツルミズ沢を越えてすぐの駐車できるスペースまで。この林道は多少荒れているので SUV が良い。

十二平から右岸の踏跡を追っていくと、沢に降りて踏跡が見当たらなくなったため、ここから沢沿いかと思い、沢靴を履く。沢を少し進むとゴルジュ状の場所に出た。この季節に泳ぎたくはないので、高巻くことができないか左岸を登ってみたが、ちょっと悪そうなので戻ることに。右岸にピンクテープを発見し、再び踏跡に乗ることができた。さらに踏跡を進むと次第に藪っぽくなってきたため、広い河原状となっているポイントで沢に降りる。

deto01.jpg
暫らくゴーロ歩きを続けていくと、デトノオオナデ沢が見えた。下部の120m滝と上部の赤茶けたスラブが見えている。

デトノアイソメから東不動沢に入り、すぐに西不動沢出合とデトノオオナデ沢出合が現れる。デトノオオナデ沢に入ると5m滝と10m滝があり、右岸を登ったが泥々で悪く、意外と怖い。

deto02.jpg
120m滝の基部に到着。3段で構成されているが、1段目と2段目はロープ不要。

deto03.jpg
3段目の1P目50mは結構立っており、ヌメリもあるのでロープを出す。ビレイ支点に使えそうなリスを探すのに苦労したが、なんとかナイフブレード1本を効かせることができた。M氏リードでスタート。プロテクションは信頼できるものはほとんど取れず、剥がれかけた岩角、細い灌木、ほとんど効いていないハーケン、抜けそうなナッツ、最後の最後に安心できそうなカムといった具合だった。ヌメリがあり、安心できるホールドも少なかったので緊張した。2P目50mは難しくはないが、足場の悪いところでロープ畳むのも、ということでロープを引きずって120m滝上部に抜ける。

暫らく地味な沢歩きを続けると、開放的な赤茶けたスラブに到着。ただし、前日の雨で染み出しが多く濡れており、またこの季節は北面にあるこのスラブには日が当たらず、赤茶というより黒光りしている。

deto04.jpg
しかし、次第に高度を上げていくと上部は乾いている箇所が多く、比較的快適に登ることができた。稜線直下までスラブは続いているが、最後の最後は枯れた草付きで滑りやすかったので、あえて灌木帯から稜線に抜ける。

deto05.jpg
せっかくなので、すぐ近くの荒山ピークに登り、越後駒ヶ岳、中ノ岳、八海山、また周囲の沢を眺めた。特に関門ノ滝や幣ノ滝は稜線から見ても立派で、沢の目標がまた一つ増えてしまった。

deto06.jpg
荒山で30分もまったり過ごしてしまったが、よくよく考えると時間に余裕が無いということに気が付き、急いで下山。

deto07.jpg
下山は鉱山道尾根を利用するつもりで、それっぽい踏跡を降りていったが、踏跡は尾根ではなく小さな谷に降りてそのまま下っていく。ピンクテープがあり、三山岳友会と書かれていたので、鉱山道尾根とは別に道が付いているみたいだった。しかし、そのままこの谷を降りてしまうと東不動沢への下降が困難そうであり、また東不動沢自体の下降も難しそうであったため、1050m地点で鉱山道尾根方面へ藪を突っ切ってトラバース。これまでの下降路もそうだったがドロや枯れた草などで異常な程滑る。M氏は諦めてシリセードで降りていくことも。ほとんど、灌木や雑草などにぶら下がりながら、もしすがるものがなければバイルを土に刺しながら降りるような状態だった。それでも、降りるに従って道の状態は良くなり、鎖やトラロープなども出てきた。東不動沢に降りるポイントは草付きをずり落ちるようにして鉱山道尾根の下降が終了した。今回の山行の核心は下降路だった。

下山後は金城の里で泥を流し、その近くの中華料理屋で3人とも麻婆豆腐つけ麺なるものを食べて、帰京。
スポンサーサイト

湯檜曽川・東黒沢

Category : 沢登り
【日程】10/10-11
【場所】上越、湯檜曽川・東黒沢
【メンバー】5人
【形態】会山行、沢登り



【10/10】
07:20 土合橋
06:50 ハナゲノ滝
11:40 丸山乗越
12:55 ウツボギ沢出合泊

hgskrsw1.jpg
ハナゲの滝

hgskrsw2.jpg
ナメ

hgskrsw3.jpg
夕食は天ぷら

hgskrsw4.jpg
夕焼け



【10/11】
06:30 ウツボギ沢出合
09:30 宝川温泉

笛吹川水系ナメラ沢

Category : 沢登り
【日程】6/21
【場所】笛吹川水系ナメラ沢
【メンバー】5人
【形態】会山行、沢登り




11:40 雁坂トンネル駐車場
12:05 沓切沢橋
12:15 入渓点 12:25出発
12:55 堰堤のような5m滝
13:05 中丿沢出合
13:20 10×20m滝
13:40 2条10m滝
13:50 6×30m滝
14:25 二俣直前
15:50 堰堤のような5m滝 16:30出発
17:10 沓切沢橋
17:35 雁坂トンネル駐車場

IMG_1227.jpg
前日のイカズチ沢の後の某所キャンプ。大寝坊して9時起床。

P6210704.jpg
堰堤のような5m滝。

P6210709.jpg
小ウォータースライダー。

P6210711.jpg
10x20mナメ滝。

P6210725.jpg
きれいな一枚岩のナメ床。

P6210734.jpg
堰堤のような5m滝で懸垂の練習。

笛吹川水系イカズチ沢

Category : 沢登り
【日程】6/20
【場所】笛吹川水系イカズチ沢
【メンバー】5人
【形態】会山行、沢登り




9:20 堰堤脇スペース
10:10 林道終点
10:30 30mナメ滝 12:00出発
12:20 堰堤
12:55 最後の堰堤
13:30 藤谷ノ頭の西尾根 14:00出発
14:25 棒杭
15:10 堰堤脇スペース

P6200599.jpg
1150mにある3m滝。

P6200616.jpg
この3m滝を越えるとナメが始まる。

P6200618.jpg
1200mに30mナメ滝。

P6200621.jpg
滝の脇から登り、フィックスロープを垂らして遊ぶ。

P6200648.jpg
その後もところどころナメ床が現れる。

IMG_1223.jpg
下山後に某所でキャンプ。夜は土砂降りだったが、なんとか火を付ける事ができた。夜中の2時まで飲む。

釜ノ沢西俣

Category : 沢登り
【日程】2013/6/8-9
【場所】釜ノ沢西俣
【メンバー】L久保田、会外者
【形態】個人山行(沢登り)



【8日】
西沢渓谷入口(10:20)─(10:45)吊り橋─(12:10)入渓(山ノ神近く)(12:40)─(13:30)乙女ノ沢─(13:50)東のナメ沢─(14:15)西のナメ沢(14:30)─(15:25)魚止ノ滝(16:00)─(17:10)6m滝高巻き─(17:30)両門ノ滝─(18:45)幕営地

【9日】
幕営地(3:15/4:55)─(6:10)左沢(6:30)─(7:45)倒木─(7:50)遡行終了(8:20)─(9:50)ミズシ─(10:25)甲武信ヶ岳(10:50)─(11:00)甲武信小屋(11:35)─徳ちゃん新道─(15:05)西沢渓谷入口

DSC05139.jpg
ホラの貝ゴルジュ。

【山ノ神】
山ノ神までの道、少し危険な場所もあるので注意。
ホラの貝ゴルジュの高巻きから一度沢に降りたところで入渓した。
山ノ神はこの入渓点から再び踏跡をたどって沢から離れた場所にあるのか?
ただし、この踏跡は歩きにくそうな道であった。

DSC05149.jpg
東のナメ沢が見えた。近いうちに登ってみたい。

P6080069.jpg
東沢を進む。

【魚止ノ滝】
ブッシュだよりに巻いても結局スラブであり、
直登するのと難しさはあまり変わらないような気がする。

DSC05163.jpg
千畳のナメ。

【6m滝の高巻き】
踏跡がしっかりしているので迷うことはない。
ピンクテープもついていた。

P6080147.jpg
【両門ノ滝】
両門ノ滝までピンクテープがあったが、
どうやら東俣の方へ進んでいるようで、
西俣方面への高巻きは目印がない。
西俣への高巻きは滝の右岸をジグザグに登ればよい。

DSC05183.jpg
【幕営地】
樹林帯の中に平らなスペースが沢山ある。
沢を歩いていればすぐに気づく。
焚き火の跡も多い。

【右沢】
2つの3mの滝は巻かない。

【遡行終了】
かなり水が細くなり、左右に谷が分かれる箇所で遡行終了とした。
右側の谷へ進むとミズシの尾根に突き上げる。
左側の谷へ進むと稜線へ突き上げる。

【花かげの湯】
http://www.yamanashishi-kankou.com/iyashi/3onsen.html
500円 (ただし、男風呂の内風呂が壊れていたので、半額の250円だった。)
ご飯美味しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。