瑞牆山十一面岩正面壁ベルジュエール

Category : フリークライミング
【日程】4/14
【場所】瑞牆山十一面岩正面壁ベルジュエール
【メンバー】3人
【形態】フリークライミング




【3/14】晴れのち嵐

06:50 植樹祭公園ゲート

植樹祭公園へは4/25 までゲートが閉まっている。

07:10 植樹祭公園

ベルジュエール取り付きへのアプローチ途中に、ガレ沢で子熊らしき影を見た。

07:50 ベルジュエール取り付き
08:20 1P目リードスタート
09:55 1P目フォロースタート

IMG_2532.jpg
ベルジュエール1P目。5.11b でベルジュエールの核心ピッチ。かなり苦戦しつつも少しずつムーブを解決して登っていく。
フォローは最初からフリーで登ることは諦めアッセンダーで登る。

P4140767.jpg
1P目フォロー

やはり、この時期の瑞牆山は寒く、気温は3℃程。1P目を登り終えた時には手の感覚も足の感覚も無くなってしまった。

10:50 2P目リードスタート

P4140771.jpg
2P目リード。ハング下を左にトラバースして直上する。このトラバースが難しそうであったが、フォローの私はロープの流れもありトラバースせずに最初からハング左に向けて直上したところあっさりと登れてしまった。

11:35 2P目フォロースタート

P4140775.jpg
2P目フォロー。ハングを抜けて傾斜が緩くなる箇所だが、マントルで乗っこす。
フォローなのにマントルする勇気が無かった私は、カチを探し出して正体で乗っこした。

P4140776.jpg
2P目(トポの3P目)の妙な形のフレーク

2P目はトポの2・3P目を継続し、さらにトポ4P目の灌木の生えたコーナーの最初の立木まで継続した。

12:05 3P目リードスタート

P4140781.jpg
3P目の灌木の生えたコーナー

12:30 3P目フォロースタート

P4140782.jpg
3P目のハンドクラック。簡単なクラックのはずだが、中間部がハンドとフィストの間のサイズでジャミングの効かせ方がよく分からず、私はここで苦戦してしまった。

13:15 4P目リードスタート

P4140787.jpg
4P目リード。ベルジュエールのハイライトであり、中間部から大フレークをレイバックで登る。露出感が凄い。
私はレイバックの体勢になった瞬間、これは手が持たないと感じ、途中でフォールして振られるより最初から諦めようということでアッセンダーで登る。クライミングを怠けすぎていて保持力が持たない。

4P目終了点から5m程歩いてチムニーで5P目開始の支点構築。

このあたりから天候が悪化してきており、風が非常に強い状態となっていた。

14:15 5P目リードスタート

P4140791.jpg
5P目リード。チムニーの登り。チムニー抜け口のチョックストーンの乗越で苦労していたが、ノーテンで抜けた。
ここも私はチムニー上部のムーブが分からず、時間も無いので結局アッセンダーで登る。

P4140792.jpg
5P目フォロー

P4140793.jpg
5P目フォロー

5P目終了点は大テラスの灌木だが、その手前のリングボルト1本で終了点を取ってしまった。

6P目は灌木を歩いてチムニーを登った。ちょっとロープの流れが悪くなる。トポではチムニー手前でピッチを切る。

15:50 7P目リードスタート

P4140795.jpg
7P目リード。逆イの字のクラック。ここも私は最後が抜けられず、アッセンダーを使ってしまった。

17:15 登攀終了(8P目終了)

8P目は巨岩のリッジを歩いて肩の広場まで。難しくないピッチだが突風で滑落しないように注意して進む。
天気がかなり悪化しており、最後1Pを残して肩の広場で終了とした。

下降は十一面岩正面壁と十一面奥壁のコルから歩いて下山。
最初、降り口から誤ったトレースに入ってしまい、少し時間をロスしてしまう。
正しいトレースを見つけルンゼを下降していくが、途中でフィックスロープが宙吊りとなっている7m程の懸垂下降が必要なポイントが出てくる。
が、私以外の2人は懸垂器を使わずに素手で懸垂していた。ありえない!

19:30 植樹祭公園ゲート

温泉に入って帰路へ。なんとか終電に間に合って良かった。

城ヶ崎海岸 あかねの浜

Category : フリークライミング
【日程】11/19
【場所】伊豆 城ヶ崎海岸 あかねの浜
【メンバー】3人
【形態】フリークライミング




IMG_4353.jpg
イソギク 5.7
上部凹角フィンガーが怖い

IMG_4374.jpg
増長天 5.8
クラック満喫

IMG_4467.jpg
ツワブキ 5.10a
上部フレアが難しい

キャンドル 5.7
プロテクションが取りづらいのでちょっと怖い

IMG_2058.jpg
温泉入って海鮮丼食べて帰京

湯河原

Category : フリークライミング
【日程】12/30
【場所】湯河原
【メンバー】k田、Kり、T田(記)、会外者
【形態】フリークライミング

年納めクライミング行ってきました。

年末の湯河原は大盛況。
桃源郷でアップしようと思っていたのに、桃源郷は溢れんばかりの人で地獄絵図と化していたのでオリンパスの丘へ。
オリンパスの丘自体はガバだらけの心安らぐクライミングが出来るけれど、オリンパスの丘までの道のりがしんどい。最近歩く事を拒否している私にとってはオリンパスの丘、まじしんどい。



その後は思い思いのルートを楽しむ。
私の最近の目標であるゲイシャワルツはまさかの6人待ち。それでも待ってトライするも、歯が立たない。
右手で取らなければいけないのに左手が出てしまう。分かっているのに左手が出る。単純に脳みそが溶けているのか、左手が出る呪いにかかっているとしか思えず、三回同じミスをして諦めた。早く呪いを断ち切りたい。
K田さんはあっさり2ピン目まで登る。K田先輩、登ってないから体力ないとか言いながらさすがっす。私が初めて触った時どれだけ落ちたことか。

K田さんKりさんはアリババをトライ。一度目にテンションかけてしまったのが悔しかったのか、このままでは年を越せないという事で、時間をおいて再度トライしていた。さすがはK田先輩、あっさりRP。年越し。Kりさんは惜しくもテンションをかけてしまった。でもすごい惜しかった!
私は近くのアニーを触ってみる。行けるっしょ!っと思ったのに3ピン目から上がれない。無様だ。自分のヌンチャクを回収する為にいそいそとトップロープを自らかけ、いそいそと回収しに再度登るというちょっと意味不明な行動をとる。


(梅の花が咲いてました。今から咲いて後々どうするんだろう)

最後の最後まで遊んでヘッテンで下山。

年納めクライミングのはずが、相変わらず宿題を増やすだけ増やしてしまった年納まらないクライミングだった。
来年はもっともっと登りたいし、強くなれますよーに!

太刀岡山左岩稜

Category : フリークライミング
【日程】11/13
【場所】奥秩父、太刀岡山左岩稜
【メンバー】2人
【形態】個人山行、フリークライミング



【11/13】
08:30 太刀岡山駐車場
08:40 1P目開始
10:15 2P目開始
10:40 3P目開始
11:25 4P目開始
11:45 5P目開始
12:00 6P目開始
12:20 7P目開始
12:45 8P目開始
13:00 9P目開始
13:25 ハサミ岩上部
13:35 ハサミ岩基部
14:20 太刀岡山駐車場

ttok1.jpg
1P目。ここで自分だけかなり苦戦してしまった。クラック修行不足。下部は左のフィンガークラックか右の凹角のどちらでも登れるが、左の方が登りやすく、カムでプロテクションも取れる。2段目のハンドクラックはC4#3が3つあると安心。

ttok2.jpg
2P目

ttok3.jpg
7P目のナイフエッジ

ttok4.jpg
9P目のハサミ岩