スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川岳東尾根

Category : 雪山
【日程】3/22
【場所】谷川岳東尾根〜西黒尾根
【メンバー】3人
【形態】個人山行、積雪期バリ



2015/3/22 快晴

02:15 谷川岳指導センター発
02:45 マチガ沢出会
03:45 一ノ倉沢一ノ沢出会(アイゼン装着)
05:45 シンセンのコル(登攀具装着)
06:30 第二岩峰取り付き
07:30 第二岩峰登攀終了&ロープ収納
09:00 第一岩峰取り付き
09:30 国境稜線(オキノ耳)
10:00 谷川岳肩の小屋
12:15 谷川岳指導センター着(西黒尾根経由)

th01.jpg
指導センターを出発。快晴。抜けるような空で新月の為か星が綺麗だ。前日の酒も抜けている。アイゼン装着し、一の沢を登り始める。下部は軽自動車大のデブリの間を縫いながら進んだ、斜度が一気に増す中部からは歩き易いデブリをつなぐようにルート取りしながら進む。上部はさらに斜度が増し、クラストしている。落ちたら多分一の倉沢まで止まらないだろう。幸いしっかりしたステップを見つけられたので、これを使って時折ダガーポジションで快適に登る。ところどころこのステップが消えている箇所があるが、シンセンコルまで概ねステップがあった。

th02.jpg
予定行動時間内にてシンセンコルに到着、ご来光と絶景を眺めながら、登攀具を装備して第二岩峰へ。ここはトラバースするつもりだったが、トラバース開始ポイントを過ぎて直登することに。トラバースの場合は取り付きのテラスより大分手前から少し下り気味にトラバースし、ルンゼ状を斜上するようだ。テラスに残置プロテクションはなく、まとめた潅木とナイフブレード一枚で支点を作った。良い位置にリスがなくモチヅキ薄中長の半分強しか入っていないので、いまいち安心感が足りない。40M1Pで岩峰頂点手前まで達し、潅木とスノーバー打ち込みでビレイ支点を作った。ビレイ支点から先は易しいので安定したところまで少し引きずって、ロープをたたんだ。

th03.jpg
続いてのナイフリッジでは一の倉沢側が切れており、二の沢本谷上部をトラバースするあたりが非常に高度感がある。ロープをつけていれば高度感を楽しむ余裕もあるだろうが、極力谷底は見ないのが賢明だろう。

th04.jpg
第一岩峰は予定通り一ノ倉沢側から捲く。ステップがあるので素早く難なく通過。直登ルートは無雪期に来た時同様ガレていて悪いように見えた。

th05.jpg
国境稜線直下のセッピはあまり発達しておらず且つ前日のステップがあるので、全会一致でノーザイルにて登る。この晴天で雪が腐り始めていたので、慎重に足を進め、ハングしている部分は削ってから乗り越えた。

th06.jpg
予定ではロープウェイ下山だったが、天気も眺めも良いので、サブルートの西黒尾根をのんびり歩いて下山した。

th07.jpg
今回の山行中ずっと気持ち悪く、行動食もパワーバージェル1つしか食べれなかった。前夜も2時間しか寝られず。二日酔いだと思っていたが、帰宅して熱を計ったら38.4度あった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。