裏妙義縦走(国民宿舎裏妙義~丁須の頭周回)

Category : 縦走
妙義縦走2日目。裏妙義編。
2日目はメンバーも変わり、入会希望者の方も一緒に妙義縦走を楽しみました。

【日程】2015年11月28日(土)
【場所】西上州・妙義山
【天候】快晴
【メンバー】KN(CL&記録)、HH(SL)、NH、IJ、UY、入会希望者2
【形態】会山行、ハイキング

urmyg_01.jpg

朝、8時20分頃、国民宿舎裏妙義にて2日目日帰り組と集合。
入会希望者の方2名もいるので、軽く自己紹介をして出発。

杉林の中の道を沢沿いに進むが、岩場が多い。
木戸壁右カンテの取付を確認しようと思ったのに、色々考えながら歩いていたら、
気が付いたら木戸を通り過ぎていた。残念。

urmyg_02.jpg

木戸の先から鎖場登場。
2段8m、籠沢のコル手前の鎖場もホールド、スタンスともに豊富で問題なく安心して進める。
さらに5m直上、10mトラバースの鎖場があるが、日陰で一部凍結していたため、
念のためセルフビレイをとって通過。

urmyg_03.jpg

urmyg_04.jpg

登りきって見上げると、目の前に丁須の頭。想像していたよりも小さい。
基部までの鎖場もそれほど斜度がなくすいすい登れる。
丁須の頭はロープを出すのをためらい、今回はお預け。
それにしても、もう冬だからか人が少ない。

urmyg_05.jpg

20mチムニーは練習がてら懸垂下降。

urmyg_07.jpg

urmyg_06.jpg

urmyg_08.jpg

urmyg_09.jpg

赤岩から先はトラバースだらけ。
桟橋トラバースもすぐに現れ、あれ、もう今日のハイライト終わり!?といった感じ。

urmyg_10.jpg

urmyg_11.jpg

三方境で小休憩をとって巡視道を下る。
山腹にはまだ少し紅葉が残っていた。

15時10分頃、国民宿舎裏妙義に到着。ほぼコースタイム通り。
男性陣がお風呂入りたいとのことで、入浴して、三芳SAで夕飯食べながら帰路につく。

その三芳SAでは、なんと家族でお出かけ帰りのKSさんに遭遇!
HHさんも友人に遭遇!
世界は狭い!

やっぱりみんなで山行くのはいいですね。
雪山前に大人数で行けてよかったのではないでしょうか。
みんなで雪山が楽しみですね。

表妙義縦走(白雲山~金洞山)

Category : 縦走
はじめまして。KNです。
今回は会の若手会員の親睦を深める為、妙義へ会山行へ行ってきました。
1日目は表妙義、2日目は裏妙義へ。
なかなか一緒に山行へ行くことがないメンバーとも山に行くことができ、お互いのことを知るよいきっかけとなりました。
ということで、まずは表妙義編。

【日程】2015年11月28日(土)
【場所】西上州・妙義山
【天候】快晴
【メンバー】TA(CL)、KS、KN(記録)、HH、UY
【形態】会山行、ハイキング

■CT
07:15 妙義神社
07:50 大の字
09:05 見晴
10:45 相馬岳
13:20 鷹戻し
15:30 東岳
16:00 中ノ岳
16:55 第四石門
17:20 妙義公園管理事務所

omtmyg_01.jpg

前日夜に車2台に分かれて、それぞれ練馬、荻窪集合で道の駅みょうぎへ。
妙義の夜は結構寒かった。軽く?夜中2時まで晩酌して就寝。

明朝、道の駅みょうぎから反対側の富岡市営駐車場に車を移動して出発。
初っ端からけっこう急な木立の道で汗だく。

omtmyg_02.jpg

大の字。意外と小さい。手と足を広げて大の字!
上毛三山の榛名、赤城山も見え、展望抜群で気持ちいい。

大の字から少し登った辻の分岐で、登攀道具を装着。
ルンゼ内4連30mはエアリアで「滑落死亡事故数件あり」となっているが、きちんと三点支持で登れば問題ない。

omtmyg_03.jpg

見晴は北東方面の展望が広がっていて、裏妙義の岩峰の連なりの奥に冠雪した浅間山が見えた。
気分爽快!
ビビり岩は高度感がすごい。

omtmyg_04.jpg

omtmyg_06.jpg

大のぞき先の滑り台上30m鎖は傾斜は比較的緩いが、中間部がつるつるで少し急。
ノーザイルで下る。

omtmyg_07.jpg

表妙義最高点・相馬岳。
金洞山が真正面にど~ん!その上に荒船山。
これからあの尾根歩くんだよね?どこをどう行くんじゃい。(ドキドキワクワク)
ソロで来ていた超ハイテンションなお姉さんと何回か会うが、
ここで休憩されていて、UYさんはまるで昔からの親友のように仲良く話している。
お姉さん、同じルート行くのに、ソロとはいえ、登攀道具、ロープなしとはチャレンジャー。
すっかり仲良くなってしまい、以後、行動をともにする。

茨尾根のピークで小休憩。
HHさんの手作りの漬物をいただく。美味しい!山にお漬物、疲れた体にいいかも。
みんなでヨガポーズして遊ぶ。

鷹戻しが近付くにつれて注意喚起の看板が増え、気が引き締まる。

omtmyg_08.jpg

鎖と梯子を登るとテラス。さらに上は、三連のクサリが付けられたリッジの登り。
テラスより上部も一見、ホールドも多く登り易いように思われたが、高度感があり、ちょっと長くて手ごわそう。
フィックスロープを張って通過。

omtmyg_09.jpg

岩稜のアップダウンののち、次の鷹戻しの下りは懸垂下降で通過。
omtmyg_11.jpg

omtmyg_10.jpg

難所を過ぎても両側が切れ落ちた痩せ尾根で気の抜けない登山道が続く。
すっかり日も暮れてしまい、当初は中間道を通って戻る予定だったが、
車道に出て、KSさんHHさんが車を取りに行ってくれた。

みんなで「妙義ふれあいプラザ もみじの湯」で汗を流して、
横川SAで夕飯を食べて、KSさん、TAさんとお別れ。

両日組は当初の予定を変更して、道の駅みょうぎで連泊することとした。