スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茂倉岳北西尾根

Category : 雪山
【日程】03/05-03/06
【場所】上越、茂倉岳北西尾根
【メンバー】3人
【形態】積雪期バリエーション



今年は雪が少なく春の訪れは早い
2月はラッセルが大変なので3月に設定したが
五月連休に来ているような暖かさと雪の量で
とんがってはいなかったが両日好天に恵まれた山行となった



【3/5】晴れ

土樽(6:00)~1384m(10:25)~1550m核心下(11:45)~1780m雪洞泊(15:10)

暖かい日が続くので、茂倉谷の渡渉が厳しいものになるかと思ったが
三歩程流水を歩き、あっさりと尾根に取付く
ずぼずぼとしまらないザラメ雪にペースは上がらない
尾根の針葉樹の根に足をとられわかんもアイゼンも意味なし

DSC06893.jpg
北西尾根の様子

DSC06902.jpg
灌木の急斜面が近い

核心の灌木の急斜面を1ピッチ久保田トップで上がると
きれいな雪稜と思ったら、這松や笹が顔を見せ
ひざ下のラッセルが続く

DSC06906.jpg
灌木の急斜面を登るフォロー

DSC06912.jpg
灌木の急斜面の後のナイフリッジ

日帰りをあきらめ、適当な雪庇に雪洞を掘った
雪庇に掘ると大抵は風がしのげるが、南風で入口のツエルトが揺れる

DSC06918.jpg
雪洞

DSC06923.jpg
夕日



【3/6】晴れ

1780m(6:10)~(7:15)茂倉岳(7:45)~矢場の頭(9:20)~土樽(11:00)

DSC06930.jpg
出発

雪は締まらず、アイゼン不要ツボ足で山頂へ展望最高

DSC06938.jpg
茂倉岳から谷川岳

下りのみアイゼンつける避難小屋は屋根だけ顔を見せる
稜線はカモシカの足跡が進路を示してくれる

DSC06947.jpg
万太郎山、仙ノ倉山、平標山を眺めながら下山

矢場の頭は北面トラバース、樹林帯の尾根もずぼずぼと踏み抜き溜息
1200m辺りから山スキー向きの尾根をとぼとぼと下り
関越トンネルの入り口脇に下山
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。