スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西丹沢 世附川 沖ビリ沢・樅ノ木沢

Category : 沢登り
【日程】5/14
【場所】西丹沢 世附川 沖ビリ沢・樅ノ木沢
【メンバー】3人
【形態】沢登り





【14日】曇

急遽1日だけ山に行けることになり、沢シーズン開始ということで沢に行くことに。
丹沢の沢は以前から気になってはいたし、ヒルシーズンに入る前だったのでこの機会に沖ビリ沢・樅ノ木沢に行くことにした。

07:40 山伏峠バス停

山伏峠を出発しようとした時に行動食を買い忘れていたことに気が付き、コンビニへ戻る。
沢でひもじい思いをするところだった。

08:10 水ノ木分岐

P5140313.jpg
水ノ木分岐

「水ノ木分岐」と書かれた標識が出てきて、西丸方向へトラバースしていくトレースが付いていたので、
これかと思いそちらへ進む。しかし、このトラバース道はあまり良いものではなかった。
この尾根の付け根にベンチのある場所があるので、そこまで上がって尾根を下るのが一番良かった。

08:45-08:55 沖ビリ沢下降開始

水ノ木分岐と西丸の鞍部から沖ビリ沢へ。暫く下ると綺麗なナメの流れに合流し、続くナメ床を下っていく。

P5140324.jpg
沖ビリ沢の綺麗なナメ

さらに下っていくと4段滝や釜を持った7m滝が現れるがトラロープがフィックスされているので下降に問題は無い。

P5140332.jpg
釜を持った7m滝

その後はしばらく単調な河原を降りて行き、最後に沖ビリ沢出合にある4m滝を降りて沖ビリ沢下降が終了した。
沖ビリ沢は非常に短いが美しいナメを持つ癒し系の沢だった。

09:55 沖ビリ沢下降終了

次は樅ノ木沢入渓地点である樅ノ木沢橋を目指して金山沢林道を下る。

10:30-10:40 樅ノ木沢入渓

P5140342.jpg
樅ノ木沢入渓後すぐの4x5m滝

樅ノ木沢入渓後にすぐに4x5m滝が現れ期待させられるが、
その後は1時間近く何もない河原歩きとなる。
しかし、ミニ瀞のような釜を持つ4m滝から樅ノ木沢の見どころが連続していく。

P5140351.jpg
CS状7m滝手前の4m滝

この4m滝は釜を腰ぐらいまで使って滝に取り付く。滝自体は簡単だ。
そしてこの滝を越えるとすぐに今回の核心であるCS状7m滝となる。

11:25-11:40 CS状7m滝

IMG_5310.jpg
CS状7m滝

直登するか巻くか悩みつつ近寄ってみたらいつの間にか上まで抜けていた。
気休め程度のセルフを取り後続にロープを出し、全員この滝を越えた。

さらにミニ両門ノ滝を越えるとナメ床となる。

P5140369.jpg
ミニ両門ノ滝

P5140370.jpg
ミニ両門ノ滝の後のナメ

今回は参考にした遡行図に従い、二俣を左俣に進み、奥ノ二俣は右沢へ進む。水がかなり細くなってきて5m滝や7m滝が現れるが、地味に悪い。

P5140381.jpg
5m滝

P5140382.jpg
7m滝

最後の詰めは短いものの高度をどんどん上げ、東海自然歩道に抜ける。
稜線に抜ける直前で、稜線にいた登山者から「大丈夫ですかー!?」と声を掛けられた。驚かせてしまってすみません。

P5140385.jpg
最後の詰め

13:20 東海自然歩道

沢装備を解除して山伏峠へ。

この日、道志村トレイルレースが開催されており、山伏峠はそのポイントとなっていた。
スタッフが制限時間超えのリタイア参加者を待っており、間違えられて拍手で迎えられた。

15:05 山伏峠バス停

石割の湯へ汗を流し、ソフトクリームを食べて帰路に就く。

IMG_1347.jpg
石割の湯でソフトクリーム
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。