伊豆雲見・直上裏参道

Category : アルパインクライミング

【日程】2013/4/14
【場所】伊豆雲見・直上裏参道(ルート名)
【メンバー】L会外者、はる
【形態】個人山行(マルチピッチクライミング)


ルートで気づいた事。
●もろいと言われていたが、やはりもろい。
●前にパーティーが入っていたら、もう入らない方が無難。何が落ちてくるかわからない。
●シングルロープで、ダブルはバックロープで行くのが良さそう(または背負うか)。
 けっこう藪いので。


道の駅:花の三聖苑伊豆松崎にて前夜車中泊
http://www.izu-matsuzaki.com/sansei/hana-sansei.html
温泉もあるらしく、トイレも当然完備でキャンピングカーも泊まってた。
雲見までは車で15分ほど。

雲見海岸にも駐車場あり。
トイレもあり。
ここに泊まるのもあり。約60台分。
7.8月は有料・イベント時は使用不可。
しかし、伊豆のクライミングは夏は不可能だと思うので、便利に活用できそう。
6月まではキャンプも可らしい。
20130414-8.jpg


以下、渡辺オールフォローの記録です。

雲見浅間神社の参道の階段を3/2ほど登ったところを左に入る。
藪の奥にアンテナ?が見えるのと、踏み跡があるので迷わないと思う。
20130414-7.jpg


取り付まで、トラロープなどが設置されている。親切。
最後までロープなしでアプローチできるようだが、最後はモロモロだったので、太い木で懸垂下降。
木もしっかりしていたので懸垂がオススメ。

11:30ころ登攀開始
もろいもろいと聞いていたが、はがれそうな雰囲気で、
岩慣れしていない私は、ちょっとトラバースで怯える。
20130414-1-2.jpg


12:06 2P目開始
大きな岩が動いたことを伝えるため、短めにピッチを切る。
落ちそうではないが、かなり動いたとのこと。
怖くて私は動かしてみることはできず、なるべく触らないように登る。
20130414-2.jpg

20130414-3.jpg

12:58 3P目開始
ここから少し藪の中へ。
カムで支点が取れないので、岩のみは登れず、木の方へ導かれる。

13:31 4P目開始
土の上を歩かざるを得ず、クライミングシューズでは滑る。
木につかまりながら、何とか岩を目指す。

14:12 5P目開始
ここまでもかなりもろく、ドキドキクライミングだったが、6P目の手前で顔の大きさくらいの岩が動き、
何とか落下を止めつつ、ロープを張ってもらう。
テンションをかけて両手で岩を支え、体をずらして岩を落とす。
その岩が抜けたので、もう一つ上の岩もぬけ、それも何とか自分に当たらないように落とす。
ルートの手がかり足がかりを掃除してしまったかもしれない。
最近は結構落ち着いてきたと聞いていたが、まだまだもろい。
自分に落ちてきたらと思うとぞっとする。

14:59 6P目開始
ワイドめのクラック。
しかし、右側のスラブかクラックかどちらを登るのか判断がつかず、結局テンション。無念…。
ワイドクラックが正解らしい。無念。
それを終えると視界が開ける。
本日のメインイベント。
ここからはゆるいスラブを海をバックに快適クライミング。気分は最高。天気は良好。


15:20 終了点到着
展望台の手すりが頑丈で、最高のビレイポイントです。
このルートのために作ってくれたのではないかしら?
20130414-4.jpg

展望台で海を眺めながらのんびり休憩。
ここなら、表参道を上がってきても感動できること請け合い。
しかし、裏参道を登った後の気分は最高潮。

あとは神社にお参りして、表参道を下山。
20130414-5.jpg

20130414-6.jpg

参考HP
http://yama-to-damashii.outdoor.cc/20090222_urasando/01.htm
http://sizuokatougakukai.blog22.fc2.com/blog-entry-793.html
http://blog.essential-line.com/index.php?FrontPage%2F2011-02-10
http://blogs.yahoo.co.jp/toshizo1211/53397597.html

Comment

非公開コメント