湯河原

Category : フリークライミング
【日程】12/30
【場所】湯河原
【メンバー】k田、Kり、T田(記)、会外者
【形態】フリークライミング

年納めクライミング行ってきました。

年末の湯河原は大盛況。
桃源郷でアップしようと思っていたのに、桃源郷は溢れんばかりの人で地獄絵図と化していたのでオリンパスの丘へ。
オリンパスの丘自体はガバだらけの心安らぐクライミングが出来るけれど、オリンパスの丘までの道のりがしんどい。最近歩く事を拒否している私にとってはオリンパスの丘、まじしんどい。



その後は思い思いのルートを楽しむ。
私の最近の目標であるゲイシャワルツはまさかの6人待ち。それでも待ってトライするも、歯が立たない。
右手で取らなければいけないのに左手が出てしまう。分かっているのに左手が出る。単純に脳みそが溶けているのか、左手が出る呪いにかかっているとしか思えず、三回同じミスをして諦めた。早く呪いを断ち切りたい。
K田さんはあっさり2ピン目まで登る。K田先輩、登ってないから体力ないとか言いながらさすがっす。私が初めて触った時どれだけ落ちたことか。

K田さんKりさんはアリババをトライ。一度目にテンションかけてしまったのが悔しかったのか、このままでは年を越せないという事で、時間をおいて再度トライしていた。さすがはK田先輩、あっさりRP。年越し。Kりさんは惜しくもテンションをかけてしまった。でもすごい惜しかった!
私は近くのアニーを触ってみる。行けるっしょ!っと思ったのに3ピン目から上がれない。無様だ。自分のヌンチャクを回収する為にいそいそとトップロープを自らかけ、いそいそと回収しに再度登るというちょっと意味不明な行動をとる。


(梅の花が咲いてました。今から咲いて後々どうするんだろう)

最後の最後まで遊んでヘッテンで下山。

年納めクライミングのはずが、相変わらず宿題を増やすだけ増やしてしまった年納まらないクライミングだった。
来年はもっともっと登りたいし、強くなれますよーに!

Comment

非公開コメント