スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜ノ沢西俣

Category : 沢登り
【日程】2013/6/8-9
【場所】釜ノ沢西俣
【メンバー】L久保田、会外者
【形態】個人山行(沢登り)



【8日】
西沢渓谷入口(10:20)─(10:45)吊り橋─(12:10)入渓(山ノ神近く)(12:40)─(13:30)乙女ノ沢─(13:50)東のナメ沢─(14:15)西のナメ沢(14:30)─(15:25)魚止ノ滝(16:00)─(17:10)6m滝高巻き─(17:30)両門ノ滝─(18:45)幕営地

【9日】
幕営地(3:15/4:55)─(6:10)左沢(6:30)─(7:45)倒木─(7:50)遡行終了(8:20)─(9:50)ミズシ─(10:25)甲武信ヶ岳(10:50)─(11:00)甲武信小屋(11:35)─徳ちゃん新道─(15:05)西沢渓谷入口

DSC05139.jpg
ホラの貝ゴルジュ。

【山ノ神】
山ノ神までの道、少し危険な場所もあるので注意。
ホラの貝ゴルジュの高巻きから一度沢に降りたところで入渓した。
山ノ神はこの入渓点から再び踏跡をたどって沢から離れた場所にあるのか?
ただし、この踏跡は歩きにくそうな道であった。

DSC05149.jpg
東のナメ沢が見えた。近いうちに登ってみたい。

P6080069.jpg
東沢を進む。

【魚止ノ滝】
ブッシュだよりに巻いても結局スラブであり、
直登するのと難しさはあまり変わらないような気がする。

DSC05163.jpg
千畳のナメ。

【6m滝の高巻き】
踏跡がしっかりしているので迷うことはない。
ピンクテープもついていた。

P6080147.jpg
【両門ノ滝】
両門ノ滝までピンクテープがあったが、
どうやら東俣の方へ進んでいるようで、
西俣方面への高巻きは目印がない。
西俣への高巻きは滝の右岸をジグザグに登ればよい。

DSC05183.jpg
【幕営地】
樹林帯の中に平らなスペースが沢山ある。
沢を歩いていればすぐに気づく。
焚き火の跡も多い。

【右沢】
2つの3mの滝は巻かない。

【遡行終了】
かなり水が細くなり、左右に谷が分かれる箇所で遡行終了とした。
右側の谷へ進むとミズシの尾根に突き上げる。
左側の谷へ進むと稜線へ突き上げる。

【花かげの湯】
http://www.yamanashishi-kankou.com/iyashi/3onsen.html
500円 (ただし、男風呂の内風呂が壊れていたので、半額の250円だった。)
ご飯美味しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。